スイーツ

最新の取り組み

勉強

バリスタになるためには専門スキルや実践的な実技の力が求められます。知識だけではなく、プロが在籍するスクールでプロの手腕を伝授してもらうことが大切です。時には自身で積極的に学ぶことも重要で、学校だけではなく、様々な所から知識を得ることが一番の近道です。

詳細を読む

就職で有利になる

面接でPR出来る学び方

コーヒー

腕と知識を有するバリスタを目指すなら、実践練習を積まなくてはなりません。しかし、いきなり新人で雇ってくれるお店は少ないですし、直接お客さんに迷惑を掛けてしまう可能性もあります。そこで通っておきたいのが、バリスタの専用施設のあるスクールです。スクールによっては施設に力を入れていて、整えられた設備の環境下で本格的な経験を積めるようになっています。ただコーヒーを上手に入れられれば良いと言うわけではなく、お店の経営や運営管理全般に渡って、相対的に実習できるスクールを探しましょう。そうすれば、働く際にもバリスタとして即戦力になる人材となります。面接の段階でもバリスタで、本格的な実習をスクールで行ってきた事をアピールする事も出来ます。

オリジナル性

バリスタとして働くためには、コーヒーに関する知識があるだけでは足りません。最近特に注目されているのが、積極的な企画や管理能力です。普通のコーヒーや、他のお店の真似をした所で二番煎じにしかなりません。そのお店に通うきっかけになるのは、何よりそのお店でしか飲めないオリジナルコーヒーです。お店独自のおいしい商品を生む独創性や発想力、そして商品の提供方法が鍵となっています。どう言ったお店の雰囲気にしてどんな特徴の飲み物を揃えるのか、いくらの値段で売るのか、調味料やデザートはどうするのかを考えなくてはなりません。じっくり味を吟味して材料や調理方法にこだわったりと、柔軟に発想する力とチャレンジ精神が重要視されています。

高校からでも製菓について学べる

最近では、製菓を学べる高校が存在します。将来的に、カフェやパティシエで働きたいと考えているのなら製菓を学べる高校に行ってみるのもいいでしょう。そうすることで、専門学校から勉強する人よりもしっかりと勉強できるようになります。こういった環境作りも重要だと思うので、将来的に製菓が関わるところで働きたいと思っているのなら高校から行ってみてはどうでしょうか?

調理の専門学校について

調理

人が生きていく上で大事な食事を専門的に学び、より知識を深めることによってさらに美味しいものを作っていくという、調理をする方を育成する専門学校は今も昔も変わることなく人気とされております。資格取得だけでなくやりがいのある仕事であると思えます。

詳細を読む

学費に関するまとめ

調理

料理専門学校の学費は安くありませんが、公的・独自の食学金を活用するなどして金銭的負担を低減する仕組みが整っているので安心してください。また、高額な学費の中には自分自身にバックしてくる部分が非常に多く含まれているため、実質的には大学などと変わらないと言えます。

詳細を読む